『mixhost』にWordPressをインストール

前回の記事では『mixhost』に独自ドメインを追加する方法をご紹介しました。

引き続き、『mixhost』にWordPressをインストールしていきます。

『cPanel』からWordPressのインストール

レンタルサーバーにはWordPressやEC-CUBEなどのCMSを導入する機能が導入されていることがほとんどです。

『mixhost』も例に漏れず、WordPressのインストール機能を持っており、管理画面である『cPanel』の『SOFTACULOUS APPS INSTALLER』から利用することが出来ます。

WordPressのインストール設定

管理画面からインストーラーをクリックすると、下記のような画面に遷移します。

早速「インストール」ボタンをクリックしてインストール作業に進みます。

インストール作業ではいくつか設定の必要な項目があるため詳しく見ていきます。

ソフトウェアセットアップ

インストールするWordPressのバージョンと、インストール先フォルダを選択することが出来ます。

WordPressのバージョンに関してはその時点で最新のもの(一番数の大きいもの)を選びましょう。

インストール先フォルダに関しては『ドメイン直下』をお勧めします。

ドメイン直下を指定するには『ドメインの選択』から利用したいドメインを選択し、『ディレクトリ』を空にすることで可能となります。

サイト設定

サイトのタイトルやキャッチフレーズといった基本情報を設定することが出来ます。

サイトタイトルなどが決まっていない、という方でも後から変更可能です。

マルチサイトの有効化に関しては、『マルチサイト』がどんなものかを学んでから選択するようにしましょう。

一つのサイトのみの運営を考えている方であればチェックは不要です。

管理者アカウント

WordPressの管理画面にログインする際のアカウント情報を設定できます。

『Username』は覚えやすいものでも構いませんが、『Password』はなるべく突破されないような複雑なものを使いましょう。下に表示される評価が基準になります。

『管理者Eメール』は投稿にコメントが付いた際などに通知を受信するのに使用します。

アドバンスドオプション

こちらはこだわりが無ければデフォルトのままでいいかと思います。

言語の選択

このブログを閲覧されている方であれば日本人だと思うので、『Japanese』を選択します。

Select Plugin(s)

WordPressに初期インストールするプラグインを選択することが出来ます。

私は現在のデフォルトエディタではなく、昔のエディタが好きなので『Classic Editor』を選択しました。

インストール

上記設定項目を入力し終えたらインストールを実行します。

これで『mixhost』へのWordPressのインストールは完了です。

WordPressインストール後の設定

まずはインストール完了画面に記載のURLをクリックして自分のサイトを開いてみましょう。

テーマを選択しなかった場合には下記のようなページになっているはずです。

この時点で表示されないなどの現象が見られれば、WordPressのインストールに失敗している可能性がありますので、再インストールをお勧めします。

自サイトのページが確認できたら、次は管理画面を開いてみましょう。

自サイトの管理画面には下記のURLで移動することが出来ます。

[自サイトのURL]/wp-admin

管理画面へはログインが必要となりますので、WordPressインストール時に入力した情報を忘れないように注意です。

管理画面へログインすることが出来たら、ようやくサイト運営の始まりです。

次回は『アダルト系アフィリエイトで利用可能なWordPressテーマ』をご紹介します。